「胎児の記憶」をヒーリングできる 2/2

「胎児の記憶」がその人の人生を縛る

ID-10084548

そして、「自分は必要ない人間だ」という思いが、意識的にも無意識的にも、その子供が大人になるまでずっと、その子を縛ることになります。

  • 子供時代
  • 10代から成人するまで
  • 社会で働く時代
  • 年をとって引退する時代

その時代の多くを、「自分は必要ない」という記憶を抱えたまま、過ごすことになります。

そして、このような記憶を持っていると、その人は「自分は必要ない」ということを、現実化するような人生を歩みます。

  • 会社で孤立する
  • 誰からも大切にされない
  • 自分を大切にできない

このようなことを自ら現実化していきます。

なぜかというと、「自分は必要ない」という記憶が、潜在意識に刻まれている時、その人は「自分は必要ない」というフィルターを通して、全ての世界を認識するからです。

「自分は必要ない」というフィルター

3739884749_0e196dc203_b

サングラスをかけると世界が少し暗く見えるように、このフィルターを通すと、全ての出来事が、「自分は必要ない」という事に繋がって見えてきます。

そうした世界を見てまた、「やっぱり自分は必要ない人間なんだ」という思いを強めます。
(「確かめる」と言っても良いかもしれません)

日常に毎瞬毎瞬おこる出来事を、このフィルターを通して見ることを繰り返して、それを再確認してその思いを強め、それを元に行動することを繰り返すと、最終的に「自分は必要ない」という現実が出来上がります。

それは、

  • 会社で孤立したり
  • 無視されたり
  • 他人から大切にされない

といったモノです。

このような現実を引き起こす「胎児の記憶」は、今すぐにでも、癒やす必要があります。

そして、シータ・ヒーリングではそれが可能です。

記憶を胎児の頃までさかのぼり、「私はこの世に生まれてきてはいけない子供だったんだ」という思い込みを消し去ります。

これに成功すると、「自分は必要ない人間」というメガネを外して、新しい世界を見ることができます。

私たちの人生に悪影響を与える「胎児の記憶」は他にもあります。

それらも同じように、胎児の頃までさかのぼって、癒やすことが、シータ・ヒーリングでは可能です。

stockvault-crystal-globe-in-hand113055

そしてそれらを癒やすことで、

  • あなたが歩みたい人生
  • 本当にやりたいことをやる人生
  • ずっと望んでいたことを実現できる人生

などの人生を歩んでいくことが可能になります。
 

シータメソッド

シータヒーリングついて、さらに詳しく知りたい方は、弊社のホームページをご覧ください。
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ