【シータ波の秘密】 様々な効果 3/5

瞑想研究の中で、「じゃあ、瞑想を長年やってる人の脳波を測ったらどうか?」という動きが出てきました。

そして、それを実際に行った結果、驚くべきことが判明します。

瞑想熟練者の脳波を測ったらシータ波が多かった

ID-100181696

瞑想熟練者の脳波は「シータ波」が多かったのです。

一般的に有名で「良い脳波」と言われているのは、アルファ波ですよね。

この研究でも、瞑想熟練者の脳波を測ったところ、次のような脳波のパターンが検出されたそうです。

  1. 瞑想開始から数分間はアルファ波が増える
  2. その後はシータ波が増えてくる

このような研究結果が出ています。

また、リラックスすることで、心身にいい影響を与える、というモノを、「リラクセーション反応」と呼び、それについても長年研究がされてきました。

「瞑想」はそのリラクセーション反応の内の1つだとして、リラクセーション反応中の脳波を測定した人がいます。

「脳内復活」という書籍を出されている、ハーバード医科大学助教授のグレッグ・D・ジェイコブスという人です。

この方が、リラクセーション反応中の脳波を測定しました。

そうしたところ、「リラクセーション反応中は、アルファ波が減少して、シータ波が増えた」そうなのです。

グレッグ助教授はこのことから、「リラクセーション反応中に増加する、重要な脳波は、実はシータ波だ」という結論を下しています。

重要なのはアルファ波ではなく「シータ波」

ID-100110662

つまり、私たちにとって本当に重要なのは、一般的に言われているアルファ波ではなく、「シータ波だ」と、グレッグ教授は結論したそうです。

また、瞑想の熟練者になればなるほど、脳波の中でシータ波が締める割合が多くなることが確かめられています。

  • 瞑想は心身に良い影響を与える
  • 瞑想熟練者になればなるほど、脳波にシータ波が多くなる
  • 心身に好影響を与えるリラクセーション反応では、シータ波のみが増える

これらのことから、「シータ波」こそが、私たちの心身に好影響を与える、重要なモノだと考えられます。

また、子供時代にも「シータ波の秘密」を見ることができます。

次回から、その事について見ていきたいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ