クリスタルボウル体験談2、とシータ体験談

前半に、クリスタルボウルの体験談。後半にシータ・ヒーリングの体験談を紹介します。

クリスタルボウルで体が浄化されるのを実感

草原に寝転ぶ笑顔の女性

私たちのクリスタルボウルの演奏会に富山からわざわざ来て下さった方がいます。会社の経営をされている方でした。この方は寝っ転がってクリスタルボウルの音色を聴いていたら「自分の体が浄化されていくのがわかった」そうです。それからはもうクリスタルボウルが大好きになったそうです。

お米にクリスタルボウルの音色を聴かせたいっ

稲を触る手

そうそう、この方は農業もやられていました。そこで「米にクリスタルボウルの音を聴かせたらどうか」と思ったそうです。よく作物にクラシック音楽を聴かせると良いモノができあがる、という話しを聞きますよね。その方はそれを「クリスタルボウル」でやろうと思ったそうです。

その方とは知り合って間もない頃。ちょうどManaがクリスタルボウル発祥の地であるアメリカに行くことがありました。その時にその方のために「専用のクリスタルボウル」を買ってきました。それを使って今年からお米にクリスタルボウルの音色を聴かせるそうです。

クリスタル米?

日本のお米

お米を作るには4月から田植がはじまります。もう少しですよね。その方は「できるだけ毎日かかさずに、お米にクリスタルボウルの音を聴かせる」と言っていました。4月からお米たちは毎日クリスタルボウルの音色を聴きながら育つことになりそうです。私たちもどうなるのかとてもワクワクしています。

それでもしかしたらですが「クリスタル米」という名前で販売するかもしれないそうです。私たちはちゃんとクリスタルボウルの音を効かせた証拠になるように、動画とか撮っておいてくださいよ。とお伝えしておきました。もう少しで田植えがはじまります。きっと素晴らしいお米ができあがると思います。

。。。

次からシータ・ヒーリングの体験談になります。

シータ・ヒーリングをやりながらタトゥーを彫るヨガティーチャー

彫師

ヨガティーチャーでありながら「彫師でもある」。そんなめずらしい方にシータ・ヒーリングを教えたことがありました。

その方は「シータ・ヒーリングをやりながらタトゥーを彫る」そうなんです。そうすると、その方(タトゥーを彫ってもらってる方)にとって、最高最善のタトゥができあがるそうです。しかもその名前が「シータトゥ」。とても良い名前だと思います。

病院にシータ・ヒーリングをかける薬剤師さん

薬を眺める薬剤師

シータ・ヒーリングを教えた方の中に薬剤師の方がいました。この方が言っていたのですが「薬は症状を抑えるためのモノで、病気を治すわけではない」そうです。その方はそれがわかった上で、患者さんに薬を処方することにどこか抵抗を感じていたようでした。

そこで、「そうだ薬にシータ・ヒーリングかけてみたらどうか」ということを思ったそうです。薬にシータ・ヒーリングをかければ病気も治せるかもしれないと思ったのかもしれません。そしたら周りから「どうせなら病院まるごとシータ・ヒーリングにかけたらどう?」という声が上がって、今では病院にシータ・ヒーリングをかけているそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ