共通のモノに興味を持つ2人が結婚するまで

ここでは私たち(HiroとMana)が今の活動を始めるまでを紹介いたします。

。。。

まずは、私たちが結婚するまで。

Hiro、18才の頃から修行に興味をもつ

yun_6504

私(Hiro)は18才の頃から「修行」というモノに興味を持っていました。

でも育った環境などから、修行をするような機会はありませんでした。

ですから、修行と言うモノに「憧れ」を持っていたのかもしれません。

今回は触れませんが、妻のManaが高野山に修行に行った時は、本当に羨ましかったです。

Mana、子供の頃から「この世界の本質」に興味を持つ

kid0085-009

私(Mana)は子供の頃から、この世界の本質に興味を持っていました。

「この世界の本質はどこにあるんだろう?」

などと考える、ちょっと変わった子供でした。

小学生の頃、友達を連れて近所の教会に遊びに行ったりするような子供でした。

。。。

今思えば2人とも、今の活動に繋がるような、共通の興味を持っていました。

こんな私たちは実は、高校の同級生でした。

私たちは高校の同級生でした

a1180_004590_m

私たちは高校の同級生でした。

といっても、その頃は縁が無かったのか(笑)、一度も話したことがありませんでした。

よくいますよね、そういう人って。

「見たことはあるけど、話したことは一度もない」

そんな同級生でした。お互い。

そんな私たちが偶然再会をすることになりました。

「共通の知り合い」の結婚祝いで再会

184128_9128

私たち2人は同級生だったけど、友達でも何でもありませんでした。

でも、お互いの「共通の知り合い」がいました。

その方の「結婚式祝い」で私たちは高校以来、再び出会うことになります。

高校を卒業して約2年後の事でした。

その時も運命の人に出会った時のような、ビビッと電撃が走るようなことはなく(笑)

その後も7年間、友達期間を過ごします。

この頃はHiroの両親が「お菓子屋さん」を経営していたため、2人で「美味いお菓子屋さん」の敵情視察などに出かけていました。

といっても頻繁にではなく、年に1回くらいこのようなことをしてました。

そんな私たちがついに、恋に落ちる時が来ます。

ハワイで恋に落ちる

819632_83750190

Manaは若い頃、海外を転々としていました。

その中で、ハワイに半年間いたことがあります。

その時にHiroがManaを訪ねて遊びに来て、そこで私たちは恋に落ちました。

高校を卒業してから7、8年後の事です。

そして紆余曲折を経て、ついに私たちは結婚することになりました。

「結婚」というと、一般的には「おめでたい」ことで、これから「明るい未来だけが待っている」という感じですが、この後、私たちには大変な事が起こることになります。

(次に続きます)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ