Hiroの修行と目覚め。そして2人の活動

Hiroです。

親の家業を「しょうがないな」と思いながらも、継いだあと、どんでもない事実が発覚したのです。

「莫大な額の借金」

とんでもない金額の借金があることがわかりました。

027

普通に事業をしていただけでは、到底返せない額の借金です。

私は途方にくれました。

「こんな借金どうやって返せばいいんだ・・」

悩んでいた所、楽天にチーズケーキを出品することを思いつきました。

私はパティシエとして長年活動してきました。

そのスキルを活かして、チーズケーキを出品することにしたのです。

チーズケーキバカ売れ

5196244749_0efc6499c8_z

そしたら、作ったチーズケーキがバカ売れしたのです。

作っても作っても追いつかないくらい売れました。
(毎日夜中まで作業しても追いつかないくらいでした)

楽天ランキングでは、2500品中第2位までいきました。

それでも借金返済には程遠い状態でした。

チーズケーキが売れるのは良いことなんですが、当たり前ですけど、売れたら売れた分だけ作らなければなりません。

untitled-106181019

人を雇えばいいのですが、それにはお金がかかります。

ですから、自分の体1つだけで頑張ってる状態でした。

それでも借金完済には程遠いですし、毎日夜中まで作業して、私の体は限界に来ていました。

店をたたんで借金を整理

それで私は店をたたむことにしたのです。

借金は現実的に考えてどう考えても、完済できるような額ではありませんでした。

さらに、後から発覚したのですが、もっと借金をしていることがわかりました。

「これはもう無理だ」

そう思った私は店をたたんで、借金を整理することにしました。

その後は2年くらいアルバイトをして生活していました。

時給900円くらいのアルバイトです。

色々なアルバイトをしました。

その頃、Manaには顧客がついていた

CIMG1007

その頃、Manaにはお客さんが既についていました。

  • レイキ
  • アーユルベーダ
  • クリスタルボウル
  • シータヒーリング

など、様々なことをしていました。

そんな活動をしていたManaの、「クリスタルボウルの音色」に惹かれたのです。

私は高校時代、吹奏楽をやっていました。

音楽が大好きで、「音楽大学に行きたい」という夢も持っていました。

Manaのクリスタルボウルの音色を聴いた時、その想いが蘇ってきたのです。

それで実際に自分もクリスタルボウルをやってみると、これが凄く楽しかったんです。

「追求すれば追求するほど楽しい」

そう思えました。

「自分もこれ(クリスタルボウル)を仕事にしてみよう」

hiro[1] (2)

私はそう思うまでになりました。

そして実際にクリスタルボウルを仕事にするようになりました。

こうして、私たちは2人揃って、今のような活動をするようになりました。

この活動がずっと続いて、今に至ります。

今振り返ってみると、2人とも本当に色々なことがありました。

辛い思いもしましたが、今ではそれも暖かく眺めることもできます。

これからも2人で楽しく頑張っていきますので、よろしくお願いしますね。

HiroとManaより

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ