夢を実現する3ステップ その2

「夢」という言葉ではなく、「願望」という言葉で「夢の実現」を考えてみると、そのメカニズムが見えてくる

空に手を差し伸べる

「夢」という言葉と「願望」という言葉は一見、かなり似ています。

でも、その言葉が意味するスケールが違います。

「夢」という言葉だと「何か大きなモノ」を想像しないでしょうか?

さっき挙げたような「大富豪になりたい」や「素敵な彼氏を見つけたい」のようなモノです。

次に「願望」という言葉だと、「大きなモノから小さなモノ」まで想像できないでしょうか?

「億万長者になりたい」という大きなモノから、「今日アイスクリーム食べたい」といった小さなモノまで、私たちは想像することができます。
このように、「願望」という言葉には「小さな願い」も含まれます。

そして、「小さな願いが実現するメカニズム」をもう一度見てみると、それは凄くシンプルなモノだということがわかります。

つまり、規模の大小はあっても、「願いが実現するメカニズム」はとても単純なモノだということがわかるのです。

「小さな願いが実現するメカニズム」はとても単純。だから「夢実現メカニズム」も単純。

148061320

ここでは「小さな願いが実現するメカニズム」を見てみましょう。

例として「冷蔵庫からビールを取り出す」という「小さな願い」を見てみましょう。

この「冷蔵庫からビールを取り出す」という願いは一瞬で実現します。「冷蔵庫からビールを取り出そう」と思って、冷蔵庫まで歩いていって、扉を開け、ビールを取り出すだけです。

この願望は一瞬で達成されます。

実はこの「冷蔵庫からビールを取り出す」という願望が達成されるメカニズムと、「大きな夢」が達成されるメカニズムは基本的には全く同じです。

小さな願いを実現するのは簡単です。一瞬で実現されるモノもあります。しかし、それが一瞬すぎて私たちはそのメカニズムに意識上ではあまり気づいていません。

そのメカニズムそのものが「夢の実現メカニズム」であるのに、です。

それでは詳しく見ていきましょう。

(次に続きます)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ