シータヒーリング

シータヒーリングとは

ID-100160693

アメリカ合衆国の自然療法士ヴァイアナ・スタイバルが開発したヒーリングテクニック(メソッド)です。

ヒーリングは生まれながらにして持っている特別な能力や、長く過酷な修行を積んだ方のみ身につけられるものでした。

このテクニックをマニュアル化し、誰もが学べるようなプログラムが誕生しました。

それが、シータヒーリングです。

シータ波

 

アルファ波

α1

アルファ波とは、リラックスした状態や瞑想した状態の時に出る脳波(電気信号)のことです。

名称は、人間の脳波を初めて記録したハンス・ベルガーが命名をして別名ベルガー波、ベルガーリズムとも呼ばれています。
脳波は8~13Hzの電気信号が出ている状態です。

アルファ波の発生機序については様々な仮説が提案されていますが未だに不明とされています。
しかし、脳や意識の状態で変化することが知られているため、意識障害・認知症・精神疾患・睡眠障害などの診断補助や状態把握に使われることもあります。

アルファ波→脳が休んでるとき・リラックスした状態

ベータ波

β

ベータ波とは、日常生活・心配・緊張など脳波が最も早い状態をベータ波といいます。
名称は、人間の脳波を初めて記録したハンス・ベルガーが命名をしました。

脳波は12Hz以上の電気信号が出ている状態です。
ベータ波の状態は通常の覚醒時の意識と関係があるとされています。

低振幅で複数の周波が変化するベータ波は積極的で活発な思考や集中力とも関係があるとされています。
また、ベータ波は、【高ベータ波(19Hz+)・ベータ波(15~18Hz)・低ベータ波(12~15Hz)】と3種類に分けられています。

ベータ波→活動時・緊張・イライラ

シータ波

θ

シータ波とは、人間の脳波(電気信号)の種類のことです。

シータ波は、アルファー波よりも更にリラックスが深まり、睡眠療法、睡眠時に夢を見ている時、眠りに落ちようとウトウトした状態など浅い眠りに入った時によく出る脳波です。
脳波は4~7Hzまで下がっている状態です。(潜在意識潜在意識・深い瞑想の状態)

シータ波が出ると記憶力がアップするとも言われています。
最近では、民間療法としてではなく実践者の自己啓発、能力開発の一環としても広まっています。

シータ波→浅い眠り

 

なぜ、シータ波になると色々な効果があるのか?その1

 

シータメソッド

シータヒーリングついて、さらに詳しく知りたい方は、弊社のホームページをご覧ください。
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ