自分が変われば全てが変わる その1

私たちは自分を変えることで、全てを変えることができます。

そのことを次からお話していきます。

今起こっている事は、全て自分が起こしている

177057625

私たちの身に起こること。その全ては「私たちの思考」が引き起こしています。

これは自己啓発やスピリチュアルの分野でよく言われることですが、事実です。

科学的な視点から見ても、少なくとも「私たちが認識している物事は私達自身が決めている」と言えます。

次からその理由を紹介します。

私たちが認識するものは私たちの脳が決めている

脳のレントゲン写真

私たちの脳の中にRAS(ラス)と言われる場所があります。ここが「私たちが何を認識するか」を決めています。

このRASが「私たちのとって必要な情報とそうでない情報」をふるいにかける役割をしています。

RASとは英語で書くと「Reticular Activating System」。日本語で書くと「網様体賦活系(もうようたいふかつけい)」と言います。このRASが脳に入ってくる情報を私たちにとって必要なモノと、そうでないモノをふるいにかけています。

私たちの五感には大量の情報が毎秒流れ込んできている

女性の横顔

私たちの脳には五感からあらゆる情報が入ってきます。目、耳、鼻、口、皮膚。これらの感覚器官から毎瞬毎瞬、もの凄い量の情報が流れこんできています。一説では一秒間あたり1500万ビットもの情報が流れこんできているそうです。そしてそのうち私たちの意識が認識できるのはたった15ビットしかないそうなのです。

少し話しがそれましたが、この五感全てから入ってくる情報をこのRASが「自分にとって必要なモノと、不必要なモノ」に分けています。

そしてこの「自分にとって必要なモノとそうでないモノ」を決めているのが、私たち自身の「思考」なのです。

私達の「思考」が全てを決めている

瞑想している女性

あなたが車を買ったことがあるのなら、きっとこんな経験があると思います。例えばシルバーのプリウスを買ったら、街中に急にシルバーのプリウスが走っていることに気づいたことはないでしょうか?

これは街中に急にシルバーのプリウスが増えたのではなく、今までどおり走っていたシルバーのプリウスに「急に気づくようになった」ということです。それまでは見えていたけど、意識上には上がってこなかったシルバーのプリウスが、意識上に上がってくるようになった。

そしてそれをRASがやった、ということです。

(次に続きます)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ