今の自分に何が起きてるか知れるタロット1/2

「今、クライアントに何が起きているのか」

これを99%以上の確率で知ることができるモノがあります。

OSHO禅タロットというモノです。

439810933_038dda7fb2_z

私(Hiro)はこのやり方も教えています。

(OSHO禅タロットの説明書には載っていない方法です)

この方法を使うと、クライアントさまの

  • 両親
  • パートナー
  • 仕事
  • 未来
  • 現在
  • 過去
  • etc..

など、「その方にまつわる全てのこと」を知ることができます。

当然、そのクライアント様は、自分の現状を客観的に知ることができるので、「自分がこれからどうしたらいいのか?」など、人生の方向性を正確に取っていくことができます。

自分の施術に組み合わせて使える

また、この情報を活用して、

自分が主に行っている施術に組み合わせることもできます。

それはちょうど、医学会に「レントゲン撮影」が登場した時と似ています。

多くの医者はこのレントゲンが来たことで、「診断技術」が格段に上がりました。

この患者さんはこういう症状だから、こういう処置をしよう。

この患者さんはこの部分が弱いから、そこを回復させる薬を処方しよう。

など、レントゲンのおかげで、患者さんを正確に診断できるようになりました。

OSHO禅タロットも同じです。

これを使うことで、クライアントさまの「今の状態」を正確に知ることができます。

  • 腰が悪い
  • 両親と仲が悪い
  • パートナーが精神的な病にかかっている

など、さまさまな状況に応じて、それを改善するための、施術を行うことが可能です。

OSHO禅タロットとは?

OSHO禅タロットはインドの瞑想のマスター、OSHO(おしょう)が弟子の方に頼んで作ったタロットカードです。

1519367885_39e454e51e

タロットカードそのものはヨーロッパ起源です。

それをアレンジしたモノがOSHO禅タロットです。

普通のタロットカードは全部で78枚なのですが、OSHO禅タロットはそれに1枚プラスして、79枚あります。

(この1枚プラスの誕生秘話も面白いです。後ほど紹介します。)

タロットカードは普通、次のような構成になっています。

  • 大アルカナ22枚
  • 小アルカナ56枚

小アルカナはちょうどトランプのような、数字と絵札×複数種類のカード、のような構成になっています。

そして、大アルカナは

  • 魔術師
  • 皇帝
  • 隠者
  • etc..

など、魅力的な人物やテーマで作られています。

【大アルカナのカード画像2つ~3つ 画像挿入予定】

マンガの「ジョジョの奇妙な冒険」の初期には、この大アルカナのテーマに沿った敵が続々と出てきます。
(ですので、「ジョジョ好き」には馴染みやすいかもしれません)

(次に続きます)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ